FC2ブログ

晴天なり☆入笠山その2。

つづきまして、

それっぽくなってきましたよ。

登りきるのに5分くらいかな。
それだけでも汗だく。

うずらもハァハァ。

おすまししても運動不足は隠せませんよ。

それからしばらく登って
あっという間に山頂。

登り始めて…30分くらいかな?
ちょろい。
そして、山頂は雪無し。

はい、山頂!
うずら嫌そうww

三角点もいただきました!

360度眺望よし。

周りの山々がよく見えました!

うずらはマナーベルト取り替える。
いやん、丸出しで恥ずかしいw

そして、

山頂の風の強さに早々に下山開始。

この後、思わぬ出会いがありましたよー

つづく。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

晴天なり☆入笠山その1。

さて、山登り。
3月13日。
今回はちょろーいお山、長野県にある標高1955mの入笠山に行きました。

お!
イケメン風!

今回は富士見パノラマリゾートから入山します。
どこがちょろいかというと

まず、この建物から

ゴンドラに乗り込みます。
これで一気に標高1780mまで。
山頂までのこり200m足らずw


ここから入山。

もう雪がだいぶ少ない。
スノーシューと軽アイゼンを持ってきたのでとりあえず軽アイゼンを装着。

さあ、参ろうぞ。

しばし歩いて湿原入口。
夏来たときは扉の脇から鹿の侵入防止ネットが張られてたな。

アイゼンつけてるので階段脇をくだります。
そして

湿原。

木道には板が打ち付けてありました。
穴が空いてもいいようになのかな。

雪が積もって扉の開口部が狭く。
冬の名残りですな。


つづく。




にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

久しぶりの高尾山。

12月8日神奈川県の鍋割山に登り鍋焼きうどんを食べようと有休取得しました。
でも、午後から天候が崩れる予報だったので止むを得ず軽く登れる高尾山に。
高尾山なんて5年ぶりくらい?
高尾山だけだと物足りないのでもう少し先まで行きました。

もう何回目になるのか。
今回は

6号路から登りました。

はりきりボーイ。

水辺沿いほ道。
うずら、水辺わりと苦手。
肉球濡れるの嫌らしい。

紅葉はほとんど終わってたけど、ススキで秋を感じる。
まぁ、もう冬だけども。

そんですぐ高尾山山頂。
今回は9人と1匹の大所帯。

はしゃいで走り回った犬。
はぁはぁ。

うずらと三角点撮ろうとして三角点の横でおすわりさせたら…
なんか思ってたのとちがう。

雲が多くなってきて富士山は麓しか見えませんでした。
もう少し先に進み

今回のゴールは小仏城山。
ここで我々は当初の目的は変えず

鍋焼きうどんを作る。

足元にはお疲れ気味の黒いの。

煮込んで出来上がり!

おたま忘れた。
汁なしでいただきます。
うまい!
やはり、寒いときはあったかいものが沁みる。
これはまたやりたいわー
満腹さんで下山。

下りになれば元気復活。
下山は4号路から。

ついて来いよ!
みたいな。
1号路に合流して

天狗焼き。
黒豆あんでうまい。
何度も行ってるけど初めて食べたわ。
お休みの日だとこれ買うのに何十分も待つらしい。

もらえないからふて寝。
お前は犬だ。
仕方なかろうに。
そんで、無事に下山して高尾山口駅。

なんか変な顔の黒いの。

この日もうずらの写真いっぱい撮ってもらってうれしい我が家。
その中のお気に入りがこちら

黒くて赤くて茶色。
ありがたい。


☆本日のルート☆

6時間、12.1キロでした。
少し疲れたわね。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

ほんのり紅葉☆黒斑山。

先日、雨予報の合間を縫って唯一曇り予報だった長野方面に山登りに。
浅間山の隣にある黒斑山へ。


高峰高原ビジターセンターに駐車して

うずらもスタンバイ。
今回は12人と1匹という大所帯。

その中でも常に先頭を行くオトコ。

ほんのり紅葉進行中。

岩場も( ´艸`)

浅間山の噴火に備えてシェルターが。

この右側にどかーんと浅間山が見えるはずなのに

すばらしく真っ白!!!

ここを登りきると

トーミの頭。
もちろん眺望は真っ白。
そそそっと進むと

山頂。
もちろん視界は真っ白。

お昼食べてから下山。

下山始めるとガス晴れる。

青空も見える。
これが山頂だったなら…(´-ω-`)
最後まで

駆け抜ける。
元気者。

今回は5.3キロ、休憩込み4時間ほどというちょろっと登山でした。

うずらの写真もたくさん撮ってもらいました!
その中の良い写真を…

たのしそ~


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

眺望ゼロの雁ヶ腹摺山。

軽く散歩しようと思い、山梨県の雁ヶ腹摺山に向かいました。
今回は大峠からの往復1時間半くらいのちょろいルート。

大峠では

猟友会の方々が。
鹿と熊を追いやる日だったらしい。
大菩薩連嶺あたりの山はガチで熊さんいるので…。
我々が登る方向とは逆側に入って行きましたよ。

我々は

ここから

木々の間を抜け

何気に急…

間違いない。
急だわ。
ほんの少しの距離だけですが。

ガス…
山頂まであとほんのちょい。
その時うずらは

はしゃいどる。
先行しては振り向き、また先に歩いていく。
だいたいいつもこんな感じ。
そして

山頂到着。
広めです。
山頂感うすいけど。

天気良ければ富士山が見える。
のに、
全く…なにも…(´-ω-`)

まぁ、やることも見るものもないんでさっくり下山。

下山はあたしがうずら係。
ツレちゃんよりも下りが得意だから。
走り下りてからツレちゃん待ちする犬。

下山時はうずらのぐいぐいが半端ない。
気を張ってないとほんと怪我する。
踏ん張るから腿が筋肉痛になりがちー。

ダメ!
止まれ!
おいで!
を繰り返し叫びながら下山する…。
たまに鉄拳制裁を加えつつ、この日も無事帰還。

1時間半だと物足りないわー
まぁ、散歩と思えば…。

うずらがお利口さんになる日を夢見て。
ともあれ、おつかれしたー。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3996位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
385位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム