藤の名所☆菖蒲神社。

お盆休みにドライブした埼玉県は久喜市でもう一箇所参拝しました。

藤の名所という菖蒲神社です。
菖蒲神社なだけあって勝負祈願に力をいれているらしいです。

まずは

狛犬さんにご挨拶。
いい狛犬さんですね。
雰囲気あります。


境内にはかなり枝を広げた藤が。
樹齢300年以上とか。
県の天然記念物に指定されているそうです。
これは満開時はすごいでしょうねーー

そしてお参り。

うずらもなんだかピッとしてますな。

そして御朱印…
宮司さんが不在でチャイムならせど出てこない…
3組4人が御朱印待ち。
15分くらい待って宮司さんお戻り。
そこから10分くらい待ってやっと…!!!

いただいた御朱印が
こちら↓↓↓

藤!
ありがたやーーー
待ったぶんだけひとしお!!



にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

関東最古の大社☆鷲宮神社。

お盆休みにちよっとドライブしようと埼玉県は久喜市に行ってきました。

とりあえず調べたところ観光スポットはあんまりなかったので鷲宮神社に参拝することに。

わんちゃんも一緒に。
もちろんシッコさせないようにマナーベルト着用ですよ!!

鷲宮神社は関東最古の大社、お酉様の本社と呼ばれてるそうな。
また、知らないけど「らき☆すた」というマンガの聖地らしいです。
聖地らしく絵馬はイラスト描かれたやつが多かったです。


落ち着いた雰囲気のご拝殿。
後ろから見ると

ご本殿が。
ご本殿には天穂日命、武夷鳥命が祀られているそうです。

ご拝殿から少し進んだところに

八幡神社。
いい感じに木々が鬱蒼としてて良いですね。


うずらもパワーをいただいて満足気でした。


そんな鷲宮神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー


信心とかはまったくわからないけど…
神社仏閣とかの敷地に入った時には空気がガラリと変わるのをいつも感じます。
それだけで清くなった気に。
ありがたいことです。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

福井旅日記☆永平寺~後。

永平寺の後編です。

今回は紅葉コレクションです。

前編の階段越しの紅葉を違う場所から見たら。
ステキな佇まいです。

もっさもっさ紅葉。

立派なお堂。

ここの雰囲気がステキでした。
なんちゅう建物かは知りませんが…

逆側の階段からは黄色が見えました。
とてもキレイでした。

外に出たら背の高い木々に囲まれるような。
紅葉絶頂期ですな。

ど平日だったんですが、やはり良い時期なのか人が多かったです。
時間が取れたからたまたまこの時期になったんですが、良い時に来れました。

永平寺でいただいた御朱印がこちら↓↓↓

達筆!!!
ありがたやーーー


つづく。


本日のうずらさん。

雨の後の道路は嫌じゃー
帰るー
の巻。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

兵庫城日記その6☆神社で締めくくる。

最終日、神社2つにお参りしてきました。

まずは、朝、新神戸駅近くのホテルだったのでテクテクお散歩がてら

生田神社にお参りしましたー
縁結びにご利益があるらしいです。

狛犬さん。

七五三の時期でした。
なので朝なのに混んでたー

お参りお参り♪

本殿前にも狛犬さん。
むきむきですね~

蛭子神社。
狛犬さんが気になりますね。
その名の通り、商売繁盛の神様です。

生田神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

縁結びありがたやー

散歩の帰路に北野異人館を通り抜ける。

異人館にあるスタバ。
おされーー
まぁ、特にどこにも寄りませんでしたがw

さらに、
この日用事があった場所から歩いて30分ほどで西宮神社に行けそうだったので
せっかくなのでお参りしてきました。

西宮神社は 福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社です。
毎年テレビでも見かける福男になるために境内を全力疾走するやつで有名ですね。

えべっさん筋にそってある塀は

大練塀です。
室町時代のものと推定され、現存最古の築地塀だそうです。
すごいわね~

表大門(赤門)から中に入ります。
1604年に豊臣秀頼さんから寄進されたそうです。

参道には出店が出て賑わっていました。
七五三なんでね…

拝殿は赤くて立派でしたよ~

狛犬さんも凛々しいです。
いいですね~

えびすさんの顔出し看板が…
くぅ~
一人じゃ撮れない…

西宮神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたや~~~

これにて兵庫の旅終了!!!
今回のお城めぐりで百名城登城はやっと50城になりました。
あと半分…
まだまだ先は長いなぁ…



次はどこに行こうかな。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

兵庫城日記その3☆赤穂浪士に思い馳せて。

赤穂城で少し時間ができたので大石神社にお参りしました。

なかなか立派な神社でしたよ。
なにより観光客が多い!!

赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の
大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていました。
そして1900年に大石神社として神社を創建することが政府から許可されました。
1910年4月に起工、1912年に社殿が竣工しました。
ご祭神は大石内蔵助良雄以下四十七義士命と中折の烈士萱野三平命を主神としています。


大願成就。
うーん。意味深w

参道には義士の石像が。
ずらーーーり。

大願成就を御祈願して…
こちらでいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー

赤穂駅近くにも赤穂浪士ゆかりのお寺を発見。
いそいそと…

花岳寺です。

花岳寺は1645年に浅野長直公が赤穂へ所替えになった時、浅野家の菩提寺として建てられました。
ちなみに、江戸詰めのための菩提寺として東京には泉岳寺を建てたそうです。
まずは本堂に。

天井にトラさん。
「竹に虎」という絵らしいです。
もともと五月節句の幟として描かれた絵らしいです。

花岳寺と深く関わる
忠臣蔵のもとになった元禄赤穂事件。
元禄14年3月14日に、江戸城中で播州赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が
高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶが、
討ち漏らして切腹処分となりました。
その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(いわゆる四十七士ですね。)が翌15年12月14日に
吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、
その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹しました。

浅野家の国元の菩提寺として花岳寺には義士墓所が建てられました。

義士墓所が建てられたのは1739年、義士の37回忌の時です。
お墓には赤穂義士の遺髪が埋められているそうです。
故郷赤穂に37回忌になってやっと帰ってこれたんですね。
義士木像館には義士の木像がそれぞれの名前、没年齢とともに並んでました。
1つ1つ違うのでじっくり見てしまいました。

いろいろ思わせるお寺さんでした。

そんな花岳寺でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー

1日目のお城めぐりはこれで終了。
でもまだつづくよ~~



赤穂駅のお土産屋さんで赤穂塩ゲットなり。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
37位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム