福井旅日記☆永平寺~後。

永平寺の後編です。

今回は紅葉コレクションです。

前編の階段越しの紅葉を違う場所から見たら。
ステキな佇まいです。

もっさもっさ紅葉。

立派なお堂。

ここの雰囲気がステキでした。
なんちゅう建物かは知りませんが…

逆側の階段からは黄色が見えました。
とてもキレイでした。

外に出たら背の高い木々に囲まれるような。
紅葉絶頂期ですな。

ど平日だったんですが、やはり良い時期なのか人が多かったです。
時間が取れたからたまたまこの時期になったんですが、良い時に来れました。

永平寺でいただいた御朱印がこちら↓↓↓

達筆!!!
ありがたやーーー


つづく。


本日のうずらさん。

雨の後の道路は嫌じゃー
帰るー
の巻。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

兵庫城日記その6☆神社で締めくくる。

最終日、神社2つにお参りしてきました。

まずは、朝、新神戸駅近くのホテルだったのでテクテクお散歩がてら

生田神社にお参りしましたー
縁結びにご利益があるらしいです。

狛犬さん。

七五三の時期でした。
なので朝なのに混んでたー

お参りお参り♪

本殿前にも狛犬さん。
むきむきですね~

蛭子神社。
狛犬さんが気になりますね。
その名の通り、商売繁盛の神様です。

生田神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

縁結びありがたやー

散歩の帰路に北野異人館を通り抜ける。

異人館にあるスタバ。
おされーー
まぁ、特にどこにも寄りませんでしたがw

さらに、
この日用事があった場所から歩いて30分ほどで西宮神社に行けそうだったので
せっかくなのでお参りしてきました。

西宮神社は 福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社です。
毎年テレビでも見かける福男になるために境内を全力疾走するやつで有名ですね。

えべっさん筋にそってある塀は

大練塀です。
室町時代のものと推定され、現存最古の築地塀だそうです。
すごいわね~

表大門(赤門)から中に入ります。
1604年に豊臣秀頼さんから寄進されたそうです。

参道には出店が出て賑わっていました。
七五三なんでね…

拝殿は赤くて立派でしたよ~

狛犬さんも凛々しいです。
いいですね~

えびすさんの顔出し看板が…
くぅ~
一人じゃ撮れない…

西宮神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたや~~~

これにて兵庫の旅終了!!!
今回のお城めぐりで百名城登城はやっと50城になりました。
あと半分…
まだまだ先は長いなぁ…



次はどこに行こうかな。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

兵庫城日記その3☆赤穂浪士に思い馳せて。

赤穂城で少し時間ができたので大石神社にお参りしました。

なかなか立派な神社でしたよ。
なにより観光客が多い!!

赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の
大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていました。
そして1900年に大石神社として神社を創建することが政府から許可されました。
1910年4月に起工、1912年に社殿が竣工しました。
ご祭神は大石内蔵助良雄以下四十七義士命と中折の烈士萱野三平命を主神としています。


大願成就。
うーん。意味深w

参道には義士の石像が。
ずらーーーり。

大願成就を御祈願して…
こちらでいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー

赤穂駅近くにも赤穂浪士ゆかりのお寺を発見。
いそいそと…

花岳寺です。

花岳寺は1645年に浅野長直公が赤穂へ所替えになった時、浅野家の菩提寺として建てられました。
ちなみに、江戸詰めのための菩提寺として東京には泉岳寺を建てたそうです。
まずは本堂に。

天井にトラさん。
「竹に虎」という絵らしいです。
もともと五月節句の幟として描かれた絵らしいです。

花岳寺と深く関わる
忠臣蔵のもとになった元禄赤穂事件。
元禄14年3月14日に、江戸城中で播州赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が
高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶが、
討ち漏らして切腹処分となりました。
その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47名(いわゆる四十七士ですね。)が翌15年12月14日に
吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、
その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹しました。

浅野家の国元の菩提寺として花岳寺には義士墓所が建てられました。

義士墓所が建てられたのは1739年、義士の37回忌の時です。
お墓には赤穂義士の遺髪が埋められているそうです。
故郷赤穂に37回忌になってやっと帰ってこれたんですね。
義士木像館には義士の木像がそれぞれの名前、没年齢とともに並んでました。
1つ1つ違うのでじっくり見てしまいました。

いろいろ思わせるお寺さんでした。

そんな花岳寺でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー

1日目のお城めぐりはこれで終了。
でもまだつづくよ~~



赤穂駅のお土産屋さんで赤穂塩ゲットなり。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

秩父札所午歳総開帳なので巡ってみた☆その4。

そして、最終日。
11月9日に最後の4カ所を巡りました。


仁王門。
中の仁王さんは身の丈1丈3尺、台座まで入れると4mを超す荒削りの石像です。
でかい。

階段を上っていきます。
なかなか上ります。

札所31番、観音院。
岩壁に囲まれ、なんだか圧を感じる…
ここでは昔、水量が豊富なので修験者たちが滝に打たれて荒行をしたとか。
池の近くの断崖には体長18cmほどの爪彫り千体仏が浮き彫りされています。

次のお寺。

とてもいい雰囲気。

奥の院もある。
本堂から往復1時間。
時間の関係で断念。
行きたかった…(´-ω-`)

札所32番、法性寺。

土足はいや!!
別名、お船観音。
冠の上に笠をかぶり、櫂を持って船を漕いでいる珍しい観音像が安置されています。
観世音が船に乗って出現されたという縁起にもとづく立像で、この寺のことをお船観音と呼ぶのはこれによるとか。
奥の院である山上の岩場が大きな船の舳先の様な形をしているのも名の由来の一つです。

次のお寺は

静かなお寺さんでした。

札所33番、菊水寺。
菊水とかいわれるとお酒を思い浮かべてしまう。
俗人である。
お寺の庭に「菊水の井」という名井があったことから寺名になったとか。

そして最後のお寺。

とうとう来たか。

札所34番、水潜寺。
奥の岩下に自然の岩窟があり、清水が湧くかたわらに石仏がまつってあります。
秩父34ヶ所の巡礼を終えた人達が、ここで結願の水垢離をとって、笈を解いたところであるそうで、寺名はこの行事に由来します。
とうとう満願しました。
やったわーーー☆


いろいろ巡れて楽しかった。
すっかり秩父通な気分です。
普段は山でしかお邪魔しない秩父。
もっと好きになりました。
レッドアローだと速いしw
また行こう。



武甲山がやっぱり好き。
☆参加しています☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m

秩父札所午歳総開帳なので巡ってみた☆その3。

秩父巡礼、3回目は11月2日に行きました。

今回は1、2、24~30番まで車でばびゅーんと巡りました。
どこも駅からはアクセスが悪く距離もあるので徒歩は断念し、車を使いました。
残念。
もっと早く巡っていれば…

しかし…土曜日の秩父は酷い。
車だらけ。
道が少ないからなのかなぁ。
もうこりごりだ。

ともあれ、なんとかたどり着いた。
予定より2時間くらい遅く…

また、何ヶ所かピックアップ。
まずは

札所2番、真福寺。
秩父札所は江戸時代に、札所の番号変更が行われ、本来の33番に1つ加えて34番になったのです。
その時プラス1がこの真福寺だといいます。

お次は、

116段の階段を登った先にありました。
下から数えると117段ありますが、1番上は観音様の霊地で階段ではないから116段の階と言うのが正しいんだとか

札所24番、法泉寺。
仁王門と観音堂を一宇とした造りで、堂の柱が全部八角柱であることはほかのお堂にはない特徴です。


札所26番、円融寺。
御朱印書いてくれた人が飽き飽きって感じにため息ついてました…
円融寺の本堂、納経所から観音堂(岩井堂)へは、山伝いの道を歩き、三百余段の石段を登らなけらばなりません。
登りきると江戸中期の建築といわれる舞台造りの観音堂が迎えてくれるらしいのですが…
見落とした!!!
しくったわーーー


札所28番、橋立堂。
圧倒されました。
石段を登った正面が本堂で、高さ65mの切り立った岩壁が覆いかぶさったところに
お堂が建っています。
江戸中期の建築といわれ、堂内には鎌倉時代の作と伝えられる本尊・馬頭観世音が。
お堂の横には橋立鍾乳洞があり中に入れるようでしたよ。

そしてこの日最後に向かったお寺さん。
駐車場までがわりと急坂。
そして車が多くて駐車場になかなか入れずだいたいお父さんが車番…w
あたしも先に下させてもらって本堂に向かいました。

しとしと雨の中。
階段が滑りそうで怖いよ。

札所30番、法雲寺。
花木の多いお寺で、四季折々さまざまな美しさが楽しめるそうです。

あまりにも道が混んでいたので回避のため道の駅あらかわに寄る。

モンブランソフトを食べた。
お昼食べてなかったからね…

結局、ひどい渋滞にもまれながら帰路に。


あと1回で終わりです。



車も疲れるわ。
ずっと助手席でぼけっとしていただけだけど…ww
☆参加しています☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム