FC2ブログ

狛犬探索☆中野氷川神社。

最近、狛犬さんが気になって仕方ありません

いろんなところを散策している時に出会った狛犬さんについてちょぼちょぼ
書いてみようと思います。

今回は中野氷川神社。
この神社はJR総武線・都営大江戸線東中野駅から徒歩5分ほどのところにある神社です。
IMG_0124.jpg
境内への参道は山手通り沿いからと、住宅街の方からの二つがあります。
写真は住宅街から入る参道です。
参道の中に両サイドに民家が何軒かあります。不思議な感じ…

この神社は旧中野村の総鎮守社。
祭られている神様は須佐之男命、稲田姫命、大己貴命です。

史料が火災による焼失や戦乱に巻き込まれて散逸してしまい口碑伝承でしか
その歴史が伝わっていないそうですが、それを書き綴った史料によると、
長元3年(1030年)に、源頼信が平忠常討伐の際に武蔵国一宮・大宮氷川神社より
御分霊を勧請し祠を建立したことに始まるとのことです。
応永年間(1394~1428)宝仙寺の僧・聖永が社殿を改築したり、文明9年
(1477)太田道潅が豊島氏のいる石神井城を後略する際に戦勝を祈願し、
凱旋した後、奉賽として社殿を造営したと伝わっています。
現在の社殿は昭和44年(1969)明治百年を記念して改築されたものだそうです。

ここには3対の狛犬さんがおります

IMG_2123.jpg IMG_1073.jpg IMG_1264.jpg
正門から入って一番最初にお目見えする狛犬さん。子供が一緒です。
吽の正面からと横から、阿の正面。
台座だけ古いです。安政…の文字が見える気がします。
しかし、狛犬さん自体は新しい感じです。

IMG_3125.jpg IMG_1261.jpg
拝殿の前にいる狛犬さん。あたらしめな感じです。昭和50年作でした。
狛犬さんの近くに案内板が。
案内板によると、「江戸時代には護摩修行が行われ、湯立神楽をあげ、淀橋・上宿・
下宿・西町・仲宿・打越・囲・原の氏子がそれぞれの地区の幟や提灯の美を競いました。
豊年には、獅子舞・相撲・力石くらべなども行われて、近在をあげての盛大な行事に
なっていました。明治・大正期の華麗な神楽や山車の巡行はいまも語り草になっています。
拝殿にある中世の石の狛犬をはじめ、境内には中野の歴史を語る多くの遺品があります。」
とのこと。
入口の狛犬さんの先代が中世の狛犬さんだったのかなぁ…

IMG_7476.jpg IMG_8937.jpg
山手通り側の狛犬さん3対の中では一番古そうです。
昭和16年作らしいです。

小さい神社なのですぐ見終わってしまいます

つくづく、いろんな表情の狛犬さんがいるのでおもしろいなぁと
今後も細々と狛犬さんを巡りたいなと思っております



参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
340位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム