FC2ブログ

スリル満点☆稚児落とし。

5月3日に大月の岩殿山に行きました。

この山。

消えかけ…

Kちんはこの日も元気です。

ちまちま…
岩殿山は城趾なのです。

城趾っぽい入口。
岩殿城は小山田氏の居城でした。
うぃき丸写し。
東西に長い大きな岩山をそのまま城にしており全方面が急峻で、
南面は西から東までほとんどが絶壁を連ね、北面も急傾斜である。
東西から接近できるが、それも厳しい隘路を通らなければならない。
各種の防御施設が配されたが、天然の地形のせいで郭も通路も狭く、
大きな施設の余地はなかった。とな。

岩々。

城趾っぽく、番所跡。

馬屋。
もう頂上です。

標高はスカイツリーさんと一緒の634mです。

頂上からの眺望。
大月の街しか見えませんが…
8時50分に登り始めて9時35分到着。低っっ。城趾公園なためず~っと階段でした。でも、案外急。

この日の目的地は岩殿山じゃなくて、そこから行ける稚児落としなのです。

小山田信茂の側室の千鳥姫は織田家の大軍に包囲された岩殿山城から
信茂の次男賢一郎と赤子の万生丸を連れ護衛の小幡太郎らと共に落ち延びたが、
万生丸が泣き出したため小幡太郎は千鳥姫から万生丸を取り上げ岩殿山城の
断崖から投げ捨てたという伝説があります。
んで、その場所が稚児落としと呼ばれているのです。
これもうぃきから拝借。

どんどん進みます。

若干激しい登りがあったり。

振り向くとさっきまでいた岩殿山がよく見えます。

岩だねーー

わりとタイトだったので、岩に肘をぶつけ出血(´Д` )
岩場半袖危険です。

でっかい岩。の、前の細い道を通ります。
左側はなんもないっす。
落ちたらバイバイ。

でかっっ

Kちんがちっさく…

登ります。
再び肘強打(´Д` )

10時40分天神山頂上。低め。

うだうだ~っと歩いていくと岩壁が。
ここが稚児落としらしいす。
11時15分。
岩壁の上に人が…

稚児落としからの眺望。
覗くとムズムズ…

ツツジかな?
ツツジとサツキの違いがわからず、Kちんと討論。答えはでず。

ぐんぐん下ります。
結構急でした。


吊り橋発見。
対岸には家が一軒あるのみ。
専用吊り橋。

そうこうして、12時30分駅着。


下山後は大月駅近くでラーメン。
シンプルでなかなかうまし。

そして、
Kちんの実家に行ってから温泉へ。
下部温泉の下部ホテル。
1000円タオル付き。
六種類の湯船が楽しめる温泉でした。
山梨は温泉が多くていいなぁ。
疲労を癒して次の日に備えます。



参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
ぽちっとぽちぽちお願いします゚+.゚( ̄  ̄人)゚+.゚


スポンサーサイト



04 | 2011/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
432位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム