FC2ブログ

秋旅☆1日目。

気候が良いシーズンになりましたので
10月16日から19日まで西の方へ旅してきました。

始発ののぞみで名古屋まで行き、まずはモーニング。

450円なり。

駅近くでレンタカー借りて
ずずい、ずずい~っとひたすら走り
6時間くらいですかねぇ…
和歌山は那智勝浦まで。

お昼食べ損ねてたので

那智の温泉施設の食堂みたいなとこだったけど
熊野古道麦酒と和歌山ラーメン。
ますまず。

この日の目的は熊野那智大社。
大門坂駐車場に車を止めて約2.7キロ、小一時間の
プチ古道歩きをしました。

古道スタート。

鳥居を通り

夫婦杉を抜けると

多富気王子です。
熊野古道沿いにある神社のうち、主に12世紀から13世紀にかけて、
皇族とかの熊野詣に際して先達をつとめた熊野修験の手で急速に
組織された一群の神社をいい、参詣者の守護が祈願された
九十九王子のひとつです。

こんな

こんな

こんなステキ道。

ステキ道を抜けると参道にはいります。

参道からちょこっと那智の滝が!!

那智大社の一の鳥居。

ご祭神。

手水舎。龍ですね。

多富気王子神社。
ここに移されているのですね…

で、狛犬さん☆

くりっとした目がらぶりぃです。

後ろ姿も良いですな。

階段をのぼってーー

拝殿。

手水舎。
ここのは龍が2頭。

八咫烏。
やたがらすは日本神話で、神武東征の際に、
神武天皇の元に遣わされ、熊野国から大和国への道案内を
したとされる烏です。
一般的に三本足のカラスで古くからその姿絵が
伝わっているそうです。

境内の大楠では胎内くぐりができます。
300円払ってトライ。

となりには青岸渡寺。
渋いお寺です。

さらに進むとパンフとかでよく見る風景。
塔と滝。
ステキ。

那智の滝に向かいます。
飛瀧神社があります。

鳥居。

ご案内。

滝と

滝。
超マイナスイオン。
台風の痕が痛々しく…

そして八咫烏。

那智大社付近を散策し終えお宿に。
途中道が崩落したり、崖がくずれたりしてるとこが
沢山あり台風の傷あとのひどさを目の当たりにしました。
心が痛みます。

宿は湯の峰温泉にあり泉質最高でした。




こんなごはん食べてビールして眠りにつきました…

2日目に続きます。



☆参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
クリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



10 | 2011/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
340位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム