FC2ブログ

ビバ鯱☆名古屋城。

10月19日に名古屋城に行きました。


どどーん。

入口で入場券買っていそいそ(^-^)

チラリズム。

はち丸とやら発見。
名古屋開府400年事業のマスコット。
1610年生まれの名古屋ボーイ。
『400年の旅人』と呼ばれ、名古屋市市章の丸八印の
入った風呂敷包みをいつも担いだ殿様。
名古屋のあちこちを旅してるらしい。
殿様ですって!!

気をとりなおして…

やっぱり、お城はナナメからが一番ステキ☆

鵜の首。
郭の接するところに防衛上、入り込んだ堀を
設けているのを「鵜の首」という。
本丸を巡って「鵜の首」と呼ばれる箇所は
5ヵ所残っているようです。 

剣塀。
軒桁に30センチくらいの槍の穂先を並べ、
忍返しとして使われたもの。
名古屋城は天守閣と小天守閣を連結する橋台の
西面とにある。

御深井丸。
行ったときは
本丸御殿復元工事の木工加工場がありました。
木っ端ご自由にどうぞ。ってあったから、
ちいさいのもらってきました。

基礎石。
国宝だったときの基礎土台石。
国宝だったのに、戦争で焼失。
残った部分は重文に指定名称替えされました。

刻銘。
これかなぁ…
築城工事を分担した大名と家臣のしるし。
苦労して運んだ石を他の大名家のものと間違えたりして
トラブらないようにつけたものです。

不明門。
本丸御殿の大奥へ通じる秘密の門で、常に厳重に鍵がされ、
「あかずの門」ともいった。
よくある話ですな。

なんか工事。

見上げてみる。
うん。いい!!

鯱さんレプリカ。

黄金水井戸跡。

木枠。
底に純金が敷き詰められていたって…

名古屋城について。

鯱さん。
江戸城から名古屋城にきたらしい。

乗れる鯱さん発見。

いぇい♪ってね。
もちろんもっとノリノリでがっつりまたいでる写真も
撮りましたよ(=´∀`)人(´∀`=)
はずかしいので載せませんけど…

清正石。
加藤清正さんは築城の名手らしいすね。
天守閣の石塁の構築を命じられた清正さんは、
巨石運搬の時に、自ら音頭をとって、木遣を歌わせ
みんなで綱をとって運んだと伝えられていますが、
この石垣の担当は黒田長政さんなのです。
ゆえに、単なる説話とか。

東二之門。
工事ちう。

東南隅櫓。
辰巳櫓とも。
現存する3つの櫓の1つで重文です。
東北、西北櫓は撮れませんでした。

表二之門。

最後に

どーん。




☆参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
ポチりと応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



10 | 2011/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
320位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム