FC2ブログ

富士山アタック☆後編。

富士山登山の続きです。

さぁ、胸踊らせて起きたらば…

霧雨(。-_-。)

スタートはしたものの…
時間が経つごとに雨も風も強く…
かつ、上からどんどん人が下山してくる?
なーぜーにーーー

上からじゃんじゃんツアーのお客さんが下山してきて
一抹の不安を感じたもののとりあえず進む。
八合目すぎたら下山道(富士山は途中から下山道と
登山道が分かれるのです。)が出てくるからそこで
進退を検討しようと。
しかし、雨は弱まらないし風もますます強くなり…
ゴアのレインジャケット着ている上半身はあまり濡れてないけど、
安物のレインパンツ、ゲーターからは浸水し
ハーパンと靴が、水に…水に…(´Д` )
寒さの限界やーーーってなってきたとこで八合目到着。
なんと下山道は明るくならないと開放されないとのこと。
どする?上いく?
と、八合目の山小屋 蓬莱館を通り過ぎ登ろうとしましたが、
そこからより一層強まる風に危機を感じ
勇気ある決断により下山を決定(。-_-。)
残念。
しかし…
下山の方が怖かった((((;゚Д゚)))))))
風が吹き上げてきて顔にバチバチ雨あたるし…
真っ暗だからヘッデンも心許ないし…
なにより雨で足場がこわーい(´Д` )
そんなわけで大分時間をかけて降りたわけです。
やっと泊まった山小屋に着いて、休憩させてもらう。
でも、全然寒さが緩和されずブルブル。
30分くらい休憩したのかな?
雨は止む気配もなく明るくなってきたので五合目まで降りることに。
まだまだ寒いから体暖めようと、仲間たちより先にほっほほっほ降りてく。
駆けると徐々に暖かく…
でも、止まるとまたすぐブルブル。
そんなこんなで

ついたー

しばらくして仲間たちも続々。
みんな無事でよかった(´∪`*)

五合目には神社が…
寒いけど発見したからにはいかないわけには…

赤い鳥居いいねぇ~

狛犬さん。
しかし、レンズがくもる…

拝殿。
無事に下山できたことのお礼を…
ちなみに、
小御岳は富士山が富士山になる前からあった山。
小御岳と古富士がもとになり、何度も何度も噴火を繰り返し、
いまの富士山ができました。
小御岳神社は小御岳山の山頂に創建されたってことなので昔は五合目が山頂だったのですね…
この辺りは天狗が支配していたという言い伝えがあり「天狗の庭」と呼ばれているようです。
その名も小御嶽太郎坊正真という天狗さんで、道開きの神様として小御嶽神社に祀られています。

こちらは武尊社か?

打出の小槌?

狛犬さん。

神社でがっつりパワーをもらい、朝からやってる温泉へ。
身も心もきれいになって東京へ帰ります。
途中、談合坂SAで

これを喰らう。

そう。
四角いシュークリーム。
その名もシューキューブ。
普通にうまい。

富士山登頂に必要なのは
高山病にならないこと。
激しくない天候。
ガッツ。
来年またリベンジだ!!

☆タイム☆
一日目
15:30 駐車場出発
16:00 五合目 登山口
16:30 六合目
17:35 七合目トモエ館
二日目
0:30 出発
2:05 太子館(この次の山小屋で下山決定)
? 七合目トモエ館 5:25
6:20 五合目



☆参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



08 | 2012/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
265位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム