FC2ブログ

石灰採掘のお山☆武甲山を行く。

なんだか久しぶりになりましたが12月15日に山に行ってまいりました。

久しぶりの山とのふれあいは秩父にある石灰採掘で有名な武甲山。
武甲山の石灰岩は日本屈指の良質な大鉱床で可採鉱量は約4億トンと推定されている。
石灰岩だらけ。
むかーーーしから採掘されていたけど、秩父石灰工業が操業を開始してからがますます盛んになって、
山の姿が変わってしまうほど大規模に採掘され北斜面での崩壊が著しい。
標高も1,336メートルから1,304メートルに。
悲しいことだ。

そんな武甲山のなりたち。
「南方にあった火山島が活動を終え、浸食によって削られサンゴ礁を纏うようになる。
サンゴによってできた石灰岩を載せた海山は、プレートの動きにより北上し、深い海溝に引きずり込まれる。
そして大陸プレートに押しつけられはがれ落ち、やがて隆起し浸食されることで地表に現れた山が武甲山である。」

名前の由来。
「日本武尊が、自らの甲(かぶと)をこの山の岩室に奉納したという伝説が元禄時代の頃から定着した。」

どっちも by Wiki です。

一の鳥居のところに駐車場があるので車でバビューン。

車内から武甲山を拝む。
削られて悲しい山の姿がなぜだかとってもかっこいい。

近づいた。
アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」にもたびたび登場した姿。
超平和バスターズか…

工場。
かっくい~~~
でもこの辺は木も真っ白。
石炭の粉パワー。

8時半ころ到着。
9割くらい埋まってる。
そしてタクシーで乗りつける人多し。
歩いている人もいたけど。
車がないと不便なお山。

さあ、いざいかん。

川沿いに林道のような道を進みます。

ごらんのとおり景色は一切見えません。
見えるのは木ばっか…

大杉。
どんだけ大きいかって

あたしがこのくらいなくらい大きい。
あれよあれよと山頂直下の神社に到着。

武甲山御嶽神社。
石灰岩の採掘により旧山頂にあった縄文時代から近代までにいたる歴史のあった信仰遺跡、巨岩群は
完全になくなり、この社殿は頂上付近から移転されたものらしいです。

狛犬さん。
オオカミ寄りだな。
そそそっと山頂へ。
第1、第2展望台があります。

第1展望台からの眺め。

標。
いぇい♪

第2展望台からの眺め。
はるかかなたに筑波山。

第2展望台から少し下がったとこに三角点。

登りもすぐなら下りもすぐ。
もう駐車場やーーー!!!!


帰りも工場をガン見。
おなかがすいたので

大根そばを食す。
うまし!!!

いや~
なんか物足りない感じ…
でも、久しぶりに山、堪能しました!!!

☆ルート☆



☆タイム☆
8:58 駐車場スタート
9:48 大杉 10:00
10:28 神社、山頂 11:28
12:26 駐車場



いや~
山っていいですね☆
次は年越し登山だ!!!
☆参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



11 | 2013/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
344位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム