FC2ブログ

地元の山をトコトコと一人で歩いてみる。

またまただいぶ前のお話…。

お盆にさかのぼりますが実家滞在中の8月16日に暇だったので地元の山に登りました。
ぼっちで…。

小学生のころに遠足で行ったことがあるような気がする金比羅山へ。
地元なんでズルしてママンに登山口まで送ってもろたw

なんていうんですかね…
誰もいないの。
さみしいスタートとなりました。
そして熊注意の看板発見。
クマ鈴忘れたわー
なのでiphoneで音だしながらスタート。

舗装された道がしばし続くのです。

地図によると金比羅公園があるようなのですが発見には至らず。

写真クリックして大きくしてもらうと見えると思うのですが
夏の低山らしいみっちみちの汗。
小粒でびっしり。きもい。

何やら分岐。
少し登ると

琴平神社。
「熊に会いませんように」
とお参りして…
神社の裏には

大岩。
ここまで誰にも会ってませんぞ。
さみしい。

平坦な道をサクサクと進みます。

それにしても…

ほんとに誰もいない…
音楽だけがお友達。
まぁ、この辺でトレランの人たちと何組かすれちがったんですがね。
とりあえず金比羅山方向から来る人はいなかったな。

夏だったので緑々しい。

分岐が現れた。
この辺からはふつうに人がいた。
ほっとしたわ。

最後の最後に階段ってほんとずるいと思ふわけで。
ふぅふぅ言いながら登る。

山頂いぇい。
ここまで3時間満たないくらいかね。
ちんまりした山だから。

眺望は残念ながらガスってて真っ白。
白い空間を眺めながらおにぎりをむさぼる。

20分弱座っていたようなんだけど立ち上がったら
ケツ汗くっきり。
おもらししたかのようなびっしょりさ加減。

下山は下山でやはりあんまり人がいない。
ガスってるとなにか出そうで怖いんだ…。

でも、まあ何に出会うわけもなく下山完了。
いい汗かいた。

ヤギさん発見。
かわゆす。
でも、目は怖いよね。
だから避けて通りましたw

たまには一人もいいわ~と思ったけど熊鈴は必携するに越したことはないと学びました。

山はいい。

☆タイム☆
7:45 登山口
8:11 金比羅山
9:49 分岐
10:34 日の出山 10:54
11:32 滝本登山口
12:06 迎えを待つため肝要の里までテクテク


☆ルート☆





我が故郷付近は山だらけなのだ。
BBQ場もキャンプ場も多いのだ。
☆参加しています☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



09 | 2014/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3627位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
340位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム