FC2ブログ

残暑の中、旅に出た話をしてみる☆その22。

石神さんでお参りした後は海の近くにある神社へお参り。
3日目ラストのお参りです。

伊勢市にある二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)へ。
二見興玉神社は、お伊勢参りの前の禊をする場所として有名ですね。
あと、境内の磯合にある夫婦岩も有名です。
夫婦岩の沖合約700mの海中には、祭神・猿田彦大神縁の興玉神石が沈んでいます。

参りましょう。

一の鳥居かしら?

狛犬さん。
日がかげってきた…

猿田彦大神は天孫降臨の際に高天原と豊葦原中津国の間の道案内を務めたことから、「道開き(導き)の神」といわれています。

神使はカエルとされており、神社参拝の後に神徳を受けた人々が、境内にカエルの塑像を献納したため、境内には無数のカエルの石像が並んでいます。
授与品も「無事カエル」「貸した物がカエル」「お金がカエル」など、カエルモチーフのものがあります。

二の鳥居の近くにカエルの石像ありましたー。
献納されたものなんでしょうね。

進んでいくと1番はじめにでてくるのがー

天の岩屋。
日の出を拝む夫婦岩とともに天照大神が隠れた天の岩屋と伝えられています。
が…、ご存知の通り、日本の至る所に天の岩屋、天の岩戸はあるんですねーー。
本物はどーれだ!?

手水舎。

水の中には願いを叶えてくれるという満願蛙がいます。
探さねば!!

そして蛙にまみれて

ご拝殿。

さらにー

夫婦岩に向かって鳥居。
古来、伊勢神宮に参拝する人は、その前に二見浦で禊を行うのが慣わしでした。
今でも月に1度禊の儀式が行われているそうです。

夫婦岩は日の大神(天照大神)と興玉神石を拝むための鳥居の役目を果たしているそうです。
ちなみに、夫婦岩の間から昇る朝日は夏しか見れないらしいです。
冬は間から月が昇る風景が見れるそうです。

カエルさん。
柵の近く歩くと波ざっぱーん。
危険です。

なにやらすごいカメラを持った人たちがちらほら。
夕陽を撮るんですかねー
でも…

どの位置から…?

そんな二見興玉神社でいただいた御朱印が
こちら↓↓↓

ありがたやーーー

そして最終日へと駆け抜ける。
つづく。



こちらも2回目の訪問だったのですが、2度とも夕方だったので次は朝早く来てみたいと思います。
いい神社です。
☆参加しています☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



12 | 2015/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
265位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム