FC2ブログ

秩父札所午歳総開帳なので巡ってみた☆その2。

秩父札所巡り第2回目は誕生日である10月26日に。
なんというステキな誕生日w

1回目は秩父駅の西側を攻めたので今回は東側を攻めます。
この日は3~12番を巡り、前回より1.5キロ多い18.3キロ歩きました!!!

回った順にいくつかピックアップ。

まずは駅近くのお寺から。
芝桜で有名な羊山公園の近くです。
<
札所12番、野坂寺。
その昔、甲斐の国の絹商人がここを通りかかったとき、山賊に襲われてしまいました。
もはや叶わぬ命…と一心に南無観世音を唱え続けると、身につけたお守りが光明雷のごとく輝き、
賊たちは眼を射られて逃げ去りました。
観音様の功徳に感泣し、後にこの地に堂宇を建て、観世音を勧請して祀ったのが
秩父札所12番寺の草創だと言われているそうです。

十牛観音。
怪力柳生の牛らしいです。ほんとにいた牛さんがモデルっぽい。
普通の牛の3倍を超す一千貫の荷車を引く様子は、
「あたかも山が動くが如きの様子であった。」
と言われ、戦後の復興期の人々の暮らしを支えた怪力牛であったそうじゃ。

さくさく歩く。

止まれ
じゃなく
止まる
命令じゃなくて決め事みないな感じ?

続いて

札所9番、明智寺。
安産守護の観音様として、近在の婦人たちの参拝で賑わうとかなんとか。
御朱印が達筆。
しかし、いい天気だわ…
焼ける…


札所7番、法長寺。
別名、牛伏寺。
門には右側に「法長禅寺」左側に「不許葷酒入山門」と刻まれている。
これは葷酒はその強い匂いで他人を苦しめると同時に己の修行の妨げになり、
また酒は心を乱すので、清浄な寺内に入ることは許さないとの意味を言うそうです。
お酒、ダメ。

観光農園の近くを抜けてたどり着いたお寺。

札所6番、ト雲寺。

もりもり並ぶ。
一番混んでたかなぁ。
御朱印いただくまで20分くらい待ったような気がする。

そして横瀬の町役場で「よこぜまつり」をやっていたので町民会館の駐車場にむかうと

車落ちてた!!!
今落ちたんじゃなさそう。
お昼はまつり会場で調達。

から揚げ。
最近食べたから揚げの中でダントツのうまさ。
もう一度食いたし…

もういっちょ

札所5番、語歌堂。
この堂を建てたのは本間孫八という人で、孫八は詩歌の道を極めようと精進していました。
ある日、旅僧が観音堂を参拝に訪れ、二人で夜を徹して和歌の道を語り合い、
明け方近くになって遂に和歌の奥義を体得したとか。
それによりお堂を、語歌堂と名付けたといわれている。

ここの御朱印も長蛇の列でしたよ。
並んだ並んだ…

2日目回って残り13寺。
残りは車でズルします…

つづく。


アスファルトばかり歩いてるから足が痛くなるのね。
山が恋しい…
☆参加しています☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト



02 | 2015/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
265位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム