屋久島旅2015☆5日目。

5日目、4月13日。

やはり早くに目が覚め朝日にリトライ。

雲多め。
でも、朝日を浴びて元気出た。
さらに

朝食で元気満タン。

縦走ということで屋久島の南の方から東の方へ抜ける予定なので車を屋久杉自然館近くの駐車場に停め、バスで紀元杉まで行くことに。

なんと1日2本しか紀元杉にバスは行かないんですねー。
朝のバスに乗って

紀元杉へ。
車で行ける1番古い屋久杉らしいです。
ここからしばし車道をてくてく。

林道建設工事の際に、この巨木を残すためにルートが変更され、その計画を担当した担当者の名前がつけられた川上杉。
そして

淀川登山口。
ここから冒険が始まったわけです。
いざ

行かん!!!

整備された道です。

登山口から50分ほどで淀川小屋。
ここに泊まる人も多いみたいです。
が、さらに進みます。

小屋のすぐ近くにある沢。
とてもきれい。

名前がついていない巨木もとてもすばらしい。

高盤岳を臨む。

山頂にはトーフ岩。
行きたい山を登れるルートはいろいろあるけど、この光景がみたくて淀川からはいった。
花崗岩が風化などして割れたもので、あたかも包丁でトーフを切ったように見えることからそう呼ばれています。

屋久島は1万4千年前に花崗岩のマグマが海底から隆起してできた島です。
この花崗岩が千年間に1mくらいのスピードで隆起し、さらに雨水などの自然現象で削られて奇岩となり山岳部に点在します。


小花之江河に

花之江河。
小花之江河、花之江河は標高約1600mのところにある日本最南端の高層湿原です。
高層湿原とは、植物の遺骸が未分解な状態の泥炭として堆積し水面よりも高くなったために雨水によってのみ 植生が維持されている貧栄養な湿原のことらしいです。
花の時期はきれいなようです。
でも、今は…
しかし、どこにいっても水が豊富な島だ。
ここからルートを外れて今宵の小屋に向かいます。

前夜の雨で道がだいぶジャバジャバ。

アドベンチャラスなルートを経て

15時前に石塚小屋に到着しました。
屋久島の山小屋はすべて避難小屋なので無人です。ネズミさんが出るらしいです。

2段ベッドのような構成になっていて大きい部屋、小さい部屋があり全部で14、5人ははいれそうです。
石塚小屋はメインルートから外れているためにあんまり人が来ないらしいです。
この日も2人で貸切でした。

やることもないので大きい部屋の方の下段で宴開始。

カレーに屋久島で買った炭火焼チキン。
この炭火焼チキンがとてもうまかった!
買ってくればよかった(´-ω-`)

18時前には早々に就寝。
20時前に目を覚ましたけどまだ明るかったな。
んで、夜中は強風と雨音で眠れず。
ずーっとiPhoneでマンガ読んでた。
しかしブロック塀の小屋は寒い。
底冷えが半端なかったですわ。

予定通りの5日目でした。

つづく。



夜中にチューチュー。
ネズミさん嫌だーーー
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
03 | 2015/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム