FC2ブログ

福井旅日記☆荒島岳登頂。

福井旅行では城、博物館、山で行きたい場所をピックアップしていました。
5日の行程中2日は移動に費やされるので実質遊べるのは3日間のみ。
その中で天気が持ちそうなのが2日目だけだったので福井初観光(?)は山登りとなりました。

向かったのは百名山の一つである荒島岳。
福井県大野市にある標高1,523mの山で別名大野富士。
富士とつく別名をもつ山は全国たくさんある。日本人は富士山好きだからw
荒島岳は白山を開山したという泰澄が開山したと伝えられてるそうな…。
山頂には荒島神社があり、信仰の山とされてきました。
905年に編纂された延喜式において、阿羅志摩我多気(あらしまがたけ)と記載されているのが山名の初見。
でも、山名の由来を説明する確たる説はないそうですが。

今回はカドハラスキー場跡から登り始める勝原コースにて登山。
1番メジャーらしい。

駐車場からはまっすぐ塗装された急な坂がぎゅいーん。
スキー場感あり。

その後もスキー場跡地をしばし登るので割と急w

リフトの残骸があるところでスキー場は終わり。
ここまでが急なんだ!
というわけではもちろんなく、ここからさらに急にw

ブナ林をえっちらおっちら。

トトロの木というお名前をもつブナさん。
ご立派。

階段やだーーー
うず氏は疲れてくるとそれまで気にもしてなかった少し離れて後ろを歩くあたしを待ってくれるようになるw
階段はちょっとつらいらしい。
あたしは階段大嫌い。

いくつもの階段を越えてでてきた看板。

滑落注意!
荒島岳には「もちがかべ」と呼ばれる急斜面がありそれに対する注意らしいです。
どんだけ急かと身構えましたが…

普通に急なだけで張り付くような斜面ではなかったのでうずらも登ることができました。
とはいえ、二箇所ほど登り方に困って躊躇してましたが、自力で解決できました。
いくつかの急な斜面を越えると

終わりの気配がするフォルム。
でも、大間違い。
これは前荒島岳だったかな?


岩場も上手に登ります。
パワフルうずら。

何やってんだよ?
早く来いよ!
な、うずら。
さらに見えてくる終わりの予感がするフォルム。

でも、これも山頂ではありません。
中荒島だかなんだか…
そんなのをいくつか越えて

山頂♪
山頂からは白山などの360度の展望が得られる…らしいのですが、
曇りで眺望わろし。なんも見えないよーーー

三角点ゲットなり。
風が強くてちと寒い。
さっさとごはん食べて下山だ。

カップヌードル謎肉祭り!
まぁ、BIGは食べきれんのですが。
enjoy謎肉。

うずらと一緒の下山は地獄。
超早くて遠慮なく引っ張るからいつもの10倍くらい気を使う。
(引っ張られてこけないように耐えるのが大変…)

常にぐいぐい。
怒っても怒ってもぐいぐい。

あたしは割と下りは強い方ですが、うずらの所為でこの日は足がワナワナ。
急な斜面の下りで腿使ってるうえに、うずらの引っ張りに負けないように踏ん張って
腿の限界を突破しましたね。
下山後から信じられないくらいの筋肉痛に見舞われましたw


紅葉終わりかけなのか始まりなのか。
黄色い風景。
もう間もなく下山完了というあたりから雨がぱらつく。

最後の坂道。
最後の最後までうず氏は元気でした。

下山してから本格的に雨。
いいタイミングで下山できたわー

おつかれしたー。


☆ルート☆

こんな感じ。
休憩こみで6時間。8.7キロの行程でした。


つづく。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
10 | 2016/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
344位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム