FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017秋遠征☆安土城。

観音寺城からほど近い場所に安土城はあります。

1576年琵琶湖の東湖畔にある標高約198mの安土山に築城されました。
とっても整備されてる城址でした。

築城主は織田信長さん。
これは歴史オンチなあたしでも知ってる。

このお城、スケールがヤバイ。
望楼型の地上6階地下1階。
天守の高さが約32メートル。
それまでのお城にはない独創的な意匠で絢爛豪華なお城であったと推測されてます。
普通、天守に人は住みませんでしたが、信長は安土城で生活していたと思われ、こういった高層建築物を住居とした日本人は、信長がお初とも言われているとか。
信長やるぅ♪

ずっと続く階段を登って行きます。
大手道ですね。

少し登って振り返ったとこ。
階段には

石仏が使われてたりします。
大手道の脇に邸宅址と言われる場所がちらほら。

伝 羽柴秀吉邸址。

伝 前田利家邸址。

階段は続き

伝 武井夕庵邸址。

伝 織田信忠邸址。

まだまだ階段は続き

伝 織田信澄邸址、伝 蘭丸邸址。
そして

階段が終わり黒金門。

ここから本丸とか。

左手が二の丸址。

二の丸址には

信長さんの本廟が。
元に戻って

佛足石。
石仏同様石垣に使われていたようです。

この先には

本丸址。

本丸取付台…?
ここを登って進むと


天主台址。
かなり礎石があります。
大きい建物が建っていたことがうかがえますね。

安土城は観音寺城を見本に総石垣で普請されたお城で石垣に天守の上がる初めてのお城でした。
この普請を手がけたという由緒を持つ石垣職人集団「穴太衆」が全国のお城の石垣普請に携わり、石垣を使ったお城は全国に広がっていったそうです。
石垣のお城、広めてくれてありがとう穴太衆!


天主台近くからの眺め。
今でも高い建物は皆無でした。

下山路は別ルートでした。

階段を登りきると

摠見寺本堂址。
このお寺さんは信長さんによって安上城内に創建された本格的な寺院でした。
今はお寺さんは大手道脇に移されてます。

ここからは西の湖が見えます。

三重塔は現存の遺構とか。

いいですね、美しい。

仁王門も現存の遺構とか。
んー
すばらし!

安土城でも御朱印をいただくことができます。
正確には摠見寺の。
いただいた御朱印がこちら
↓↓↓

と、こちら
↓↓↓


ありがたやーーー

ずっと来たかった城址でしたので本当に楽しかった!
山城サイコー!!


小谷城につづく。

おまけのうずら。

それは正解なのか?

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
もし、いま安土城が残ってたら
大コーフンですよね^^

No title

安土城いいですね!
織田信長・・ロマンがあります。
こうゆう場所でテントで一泊するとどんな感じかな?
自分は過去に上田城でテント泊した事がありますョ。

☆しんちゃん☆

コメントありがとうございます!!!

>おはようございます。
>もし、いま安土城が残ってたら
>大コーフンですよね^^
ですね!
豪華絢爛なお城だったようなので、もったいないっ!!
想像するだけで震えます。

☆こてつぱんさん☆

コメントありがとうございます!!!

>安土城いいですね!
>織田信長・・ロマンがあります。
>こうゆう場所でテントで一泊するとどんな感じかな?
>自分は過去に上田城でテント泊した事がありますョ。
!!
ここではテントは無理ですが、天主跡にテントとか張ったら楽しそう( *´艸`)
上田城テントOKなんですか?!
知らなんだ…
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1019位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
147位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。