FC2ブログ

松江城。

2009年11月27日に松江城に行ってきました。

お城めぐりと出雲大社を目的とした旅でした。


松江城5。
木の間からこんにちは。

松江城お堀。 松江城井戸?。
お堀。と井戸?。

松江城櫓。
太鼓櫓と思われます。

松江城入口。
一ノ門…かな…

なんといっても、松江城は現存天守のお城です
5層6階の天守は高さ30メートル、桃山時代初期の質実剛健な姿で、
屋根の特徴から千鳥城の別名があります。

松江城1。  松江城2。  松江城3。
ちょっとづつ近づいてるんだけど、アングルいっしょだからほとんど一緒の写真…

遺構は天守、石垣、堀、郭跡、井戸跡、復元櫓・城門です。

本丸一ノ門と南多聞の一部、三の丸と二の丸を結ぶ廊下門(千鳥橋)と二の丸下段の
北惣門橋(旧眼鏡橋)、二の丸南櫓と塀、二の丸に中櫓・太鼓櫓が復元されています。

明治に廃城令がだされたとき、天守を除く建造物は全て壊されました。
まったく…もったいない
天守も米100俵(当時のお金で180円…安い?)で売り飛ばされそうになったのですが、
有志の人たちの運動により保存されたそうです。
がんばった!!えらかったー

松江城柱と。
一・二層が黒塗りの下見板張り…ここ?

最上階は遠見櫓で望楼式の実戦本意の質素な造りです。
松江城下と宍道湖が見えます。
湖の眺望が良いので日本三大湖城の一つになっているそうです。
松江城眺望。
うーん…湖見えないほうか…?


木彫り青銅張りの鯱は高さ2mもあり、現存する木造ものでは日本で最大のようです。
松江城鯱鉾。
この子たちかしら…?すごいシンプルなお顔のシャチホコさんたち。

天守内部の階段は急勾配ですべて桐材で造られています。
これは階段を引き上げたり、防火防触のためで他のお城では見られない松江城独特です。
また、柱は小さな板を寄せ合わせて鉄輪で締めて強靭さをだしています。

松江城模型。
模型です。

そして、御多分にもれず、松江城でも人柱伝説があります。

「工事中に天守台の石垣が何度も崩れ落ち築くことが出来なかった。
人柱が無ければ工事は完成しないと言われ…。
そこで…盆踊りを開催しその中で最も美しくもっとも踊りの上手な少女が生け贄にされた。
少女は踊りの最中にさらわれ、事情もわからず埋め殺されたという。
その後、石垣は無事に出来上がりお城も落成したが、城主の父子が急死し改易となった。
人々は娘の無念のたたりであると恐れた。
そのため、天守は荒れて放置されることに…
その後、松平氏の入城まで天守からはすすり泣きが聞こえたという…
また、お城が揺れるとの言い伝えでお城では盆踊りをしなかった。」

とか、なんとか…

松江城4。


参加してます☆
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2020/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2プロフ
☆参加してます☆

みゅった

Author:みゅった
ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2993位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
307位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム